G-SHOCKの魅力!

1983年に登場し、今では130か国以上の世界中の人々に愛用され、世界への出荷は1億本以上となっています。そのような今もなお人々を魅了するG-ショック(G-SHOCK)の魅力に迫ります。

  • 目次
  • ①腕時計の常識を覆したG-ショック(G-SHOCK)
  • ②『壊れない』腕時計を実現した構造
  • ③G-ショック(G-SHOCK)の生みの親、「伊部菊雄」氏
  • ④G-ショック(G-SHOCK)はリンゴ大くらいの大きさだったかもしれない!?
  • ⑤G-ショック(G-SHOCK)の頑丈さが良く分かるCM


①腕時計の常識を覆したG-ショック(G-SHOCK)

初代G-SHOCKの誕生

1981年当時、腕時計はまだ貴重品で、注意深く扱っていた時代です。薄く軽い時計がトレンドで、最薄・最軽量が競われていました。

そのような時代にカシオの技術者伊部菊雄氏は、そんな常識に疑問を持ち、『腕時計はもっと生活に根ざしたもの。使い込みほどに味わいが出てくるジーンズのような時計が作れないだろうか』という考えのもと1983年に「腕時計は貴重品」という常識を覆し、『壊れない』腕時計を具現化したのが、初代G-ショック(G-SHOCK)DW-5000C-1Aです。

②『壊れない』腕時計を実現した構造

G-SHOCKの耐衝撃構造

初代G-ショック(G-SHOCK)で実現した耐衝撃構造は、モジュールががっちり守るのではなく、ケースの中で浮遊させる考え方。

いくつかの「点」でモジュールを支え、衝撃を分散させる逆転の発想です。

その外部をウレタンベゼルや緩衝材で取り巻くことで、10mの自由落下にも耐える構造を完成させました。

現在は、技術革新によりモジュール自体も耐衝撃性を備えるなど進化していますが、中空構造の考え方は継承されています。

③G-ショック(G-SHOCK)の生みの親、「伊部菊雄」氏

今までもご説明をさせて頂いている耐衝撃構造を発明したG-ショック(G-SHOCK)の生みの親が「伊部菊雄」氏です。

元々父親からもらった大切な時計を不注意で落として、壊してしまったことから、「落としても壊れない腕時計」という企画書を会社に提出し、プロジェクトがスタートしました。

④G-ショック(G-SHOCK)はリンゴ大くらいの大きさだったかもしれない!?

G-SHOCK誕生秘話

当初はモジュールに、緩衝材を巻き付け、壊れない時計を作ろうと考えますが、その構造で作るとリンゴ大の大きさになることが分かり、プロジェクトは難航しました。

月曜日に、あと1週間で結果が出なければ責任を取り、このプロジェクトは終わらせようと思い、考えに考え抜いても良い案が出ずに、最終日の日曜日に研究室を片付けなければと、休日出勤に来た際に、隣にあった公園で少女がマリ突きをしているのを何となく見たことにより、

伊部氏は、「あのボールの中に時計があったら壊れないのではないか!」と閃き、時計の内部でモジュールが浮いた状態を作るという事を考えつき、G-ショック(G-SHOCK)の誕生となったのです!!

⑤G-ショック(G-SHOCK)の頑丈さが良く分かるCM

G-SHOCKのCM

G-ショック(G-SHOCK)が発表された1年後の1983年に、発表されたDW-5200C-1の頑丈さをアピールするために、走り込んできたアイスホッケーの選手が、強烈にシュートを放ったのは、パックではなく、G-ショック(G-SHOCK)。

キーパーが見事にキャッチしたグローブの中で、何事もなかったように時を刻んでいるというCMでした。

DW5000シリーズをフルメタルで誕生

そのDW5000シリーズをフルメタルで、誕生させたGMW-B5000-1JFの誕生を記念し、

先述のようなセルフカバーのCMも発表されました。

当初の開発のコンセプトである使い込みほどに味わいが出てくるジーンズのような時計という考えのもと現在も、魅力的な商品や人気で即完売の商品、限定モデルなども数多く発表されているG-ショック(G-SHOCK)。

A.M.I名古屋パルコ店、豊田店、ネットブティックでお取り扱いさせて頂いております。ぜひチェックをお願いいたします!

MODELS
稀少モデル(21点)
BASIC ANALOG(28点)
B5000シリーズ(16点)
G-LIDE(7点)
MASTER OF G(4点)
G-SQUAD(6点)
BASIC DIGITAL(27点)
SPECIAL COLOR(1点)
FROGMAN(3点)
G-STEEL(1点)
ANALOG-DIGITAL(7点)
2021年新作モデル(27点)






▲トップへ戻る